──それは、突然すぎる死。




「なぁ、いい加減に機嫌なおせよ」
「知らない!」
早くに両親を亡くし、
 二人で寄り添うようにして生きてきた最愛の【妹】。






 だが、ある日突然、
 【妹】は自ら、その人生に終止符を打った。
「お兄ちゃんはだらしないから、
     悠菜が引っぱっていってあげないと、さぼる気でしょ」

盗撮、嫌がらせ、そして妊娠……。


妹の死後、次々と明らかになる意外な事実。




「ごめん……なさい……こんなことで……
                 お兄ちゃんに、心配かけて……」
 いったいなぜ? 
どうして、そんなことが?
 俺は、復讐を誓う。
 お前を苦しめたすべてのものに──。

 主人公は妹の選択の意味を知るため、

そして、妹を死に追いやった人物に復讐するために、

 妹の通っていた学園へ『教育実習生』として潜入する。


 『教育実習生』としての時間は、最大でも二週間ほどしかない。

 人知れず情報を集め、秘密裏に復讐計画を進めるか?

あるいは、強引な手を使って、力づくでそれを成し遂げるのか?


妹が、どんな想いで『死』を選んだのか。

 すべては、失われた輝きの向こうに……。


  フクシュウ
『復讐』
 妊娠していた「妹」。

 身よりもなく二人きりで寄り添うように生きてきた妹を、そんなにまで追い詰めたものはなんなのか?

 絶対的弱者であった、しかし精神的強者であったはずの妹を追い詰めた奴らを、許すことなどできない。

 また、その絶望に気づいてやれなかった自分も、主人公は許すことができません。

 主人公は、関係者である女たちに呵責ない「凌辱」を行います。まるで自分を傷つけるように……。


カンキンリョウジョク
『監禁凌辱』
 プレイヤーが、そうすることが目的達成のために 有益であると判断すれば、『自殺』事件の関係者(女性キャラ)を自宅に監禁し凌辱を加えることができます。

 登場するキャラクターの中には、そんな関係を続けているうちに、次第に従順になり、それまで頑なに閉ざしていた口を自ら開いたり、主人公に好意を持ち始めるキャラクターも存在します。

 プレイヤーの意思決定に応じて、シナリオは、それに見合った展開・結末へと分岐してゆきます。

CHARACTER


EJECT